来店予約

プラチナとゴールドの違いって??

こんにちは‼スタッフの藤田和佳奈です♪

本日はとっても良い天気ですね♡当店は2階にブライダルフロアがございますので、日当たりがとても良く、みなさまにもとても気持ちよくお過ごしいただける店内となっております♡shop_inside

 

さて本日は、プラチナとゴールドの違いをご説明させていただきます^^

016_01

共に単体の純金属は酸化等の変化をすることはありません。希少性が高いことから装飾品として使われています。また、アレルギーの発生が少ないことも特徴です。

プラチナは白金と呼ばれるように、本来持つ色が銀白色です。ゴールドは本来持つ色が金色です。プラチナもゴールドも純金属としては柔らかいため、他の金属と合わせて合金にして、指輪やネックレスに加工されます。特にゴールドは混ぜる金属の種類や配合率により色が変わるため、ホワイトゴールド・ピンクゴールド・イエローゴールドなどカラーバリエーションがあります。おなじリングやネックレスでもプラチナと金では比重が異なるため、プラチナのほうが重くなります。
プラチナとゴールドそれぞれのメリットをまとめてみました♪♪

【PT900のメリット】
❶日常使いをしても、色が変わらない

❷粘性が高いので、石留めの爪の強度が高い

❸日本ではゴールドよりもプラチナのステイタスが高い

【K18ホワイトゴールドのメリット】

❶純度を75%まで下げて強度を出しているためPT900よりも強度が高い

❷プラチナよりもコストパフォーマンスが良い

❸ホワイトゴールドの仕上げにはロジウムコートが使われており、これが明るい白色のため、肌移りが良い

 

プラチナと金の違いを説明させていただきましたが、どちらもリングやネックレス等の装飾品にとても向いている金属です✧✧それぞれの使用環境や趣味嗜好によっても異なりますので、どちらが良いということは一概には言えません。

 

FUJITAのスタッフがお客様の意向をお伺いしながら精一杯アドバイスさせていただきます‼分からないことやご不明点がありましたら、なんなりとご相談くださいませ♡♡

最近のBLOG一覧

アーカイブ

↑上に戻る