来店予約

ハードプラチナって?

こんにちは、スタッフの藤田文香です( ^ω^ )

夏の風物詩「甲子園」が始まりましたね!毎試合とても熱く、見ていて感動しますよね!

 

さて、「ハードプラチナ」って聞かれたことはございますか?呼び名の通り、硬いプラチナのことを言います(笑)

 

もともとプラチナという金属はとても柔らかい金属なのでそのまま指輪やジュエリーに使うのには向きません。そのため、硬さを出す必要がありほかの金属を混ぜています。普通はパラジウムを割り金に使用しています。プラチナの純度を上げても硬さを保つためにはパラジウムよりも硬いイリジウムやルテニウムを割り金に使用することがあります。

 

硬さの指標「ビッカース硬度」があり、数値が大きいほど傷つきにくく歪みにくいことを表します。ダイヤモンドがHv7000~15000、ハードプラチナだとHv90~150程度と言われています。

 

ハードプラチナには特に決まりがないので、ブランドによって定義が変わってきます。金属の配合だけでなく、鍛造や製造方法によって硬度を上げていたりします。

 

傷や歪みが気になる場合は硬さをポイントに見てみてください♡

Fujitaでは「L’or」「Ptau」の取り扱いがございますので、ぜひ店頭まで見にいらっしゃてください♪

 

最近のBLOG一覧

アーカイブ

↑上に戻る