来店予約

指輪の着け心地の違いって?後悔しない選び方

おはようございます!スタッフの藤田祐実です。

さっそくですが、今日は指輪の「着け心地」について少しご説明させて頂きます。

結婚指輪をリサーチしているプレ花嫁さまとしても気になる点ではないでしょうか。

どれもそんなに変わらないでしょ?と思われがちですが、ずっと着けておく指輪なので少しの違和感が気になってしまうこともあると思います。 選んだ後に後悔…なんてことがないように、ご試着の時点でしっかり着け心地もチェックして頂くといいと思います♪

 

 

そもそも着け心地ってなに?チェックすべきポイント

靴や服に好みのサイズ感があるように指輪にも好きな着け心地があります。

ぴったりしていないと落ち着かなかったり、着けていないくらい自然な着け心地が好みであったり。

指当たりの面では、滑らか or 硬め、

サイズ感では きつめ(ぴったり) or ゆるめ、に分けられます。

 

☑ポイント1.指当たりは硬め?やわらかめ?

ここで言う硬め、やわらかめとは指輪に使われる貴金属の「硬度」のことではなく、装着時の感じ方の違いによるものです。

指当たりがやわらかめなリングは、内側の作りが内甲丸となっていることが多いです。

Bridal Jewelry Fujita で着け心地のよさで人気のカフェリングでは、内側から側面にかけ平面を持たずにつながっている上質な甲丸に仕上げています。

 

着けた時に肌に触れる面を減らすことで装着時の違和感、痛みを緩和させます。

 

逆に、着け心地が硬めなリングは「着けている感じがしっかりあるほうが好き」という方に選ばれています。

 

これはぜひ実際に試着した時に体感してみて頂きたいポイントです。

 

☑ポイント2.サイズはゆるめ?きつめ?

指輪のサイズ選びは意外と難しいです。

なぜなら1年の中でサイズの変化があるからです。夏は血管が膨張して太くなりますし、冬は血管が収縮するため細くなります。特に女性の場合は、浮腫みやすい方が多い傾向にあるので夏と冬で1号くらいはサイズの変化がある方が大半と見受けられます。

サイズを決定する際は季節やその日の指のコンディションも考慮してお選びいただくといいと思います。もちろん Bridal Jewelry Fujita では専門的な目線でしっかりとお測りさせて頂いております。

また、おふたりの生活スタイルもポイントになります。

お皿を洗う時もお風呂も寝る時もずっと着けたままという方は気持ちきつめがおすすめです。洗剤やシャンプーで滑りやすくなってなくさないようにするためです。

仕事上着けられない方や着け外しが多い方はゆるめでもいいと思います。

 

ちなみに、ご納品後にサイズ直しをされる方で圧倒的に多いのが ”男性用のリングを少し大きくする” というご要望です。

幸せ太りをされたのかな?と微笑ましい気持ちになることとと同時に、今まで指輪を着けたことがなかったからきつく感じるというお声もあります。

もちろん当店には保証がございますのでサイズ直しのご相談などはどうぞお気軽に仰ってくださいませ。(ブランドやリングにより保証内容は異なりますがご成約前にご説明させていただいております。)

 

 

是非指輪選びの参考にしてみてください♪

最近のBLOG一覧

アーカイブ

↑上に戻る